薄毛は高齢になった男性だけの問題ではなく、近年は若い方でも生活習慣の乱れなどから薄毛で悩まされていたり、女性であっても悩まされている方が増えてきています。
そんな薄毛の改善には頭皮環境を整える必要がありますが、中でも効果的とされているのがヘッドマッサージになります。
ヘッドマッサージとは頭皮をマッサージして血行促進することで、頭皮に髪の毛の成長に必要な栄養素が行き届くようにするものです。
また新陳代謝も高めることができ、毛穴に詰まった皮脂を取り除きやすくなりますので、普段のケアもしやすくなる効果が期待できます。

では具体的なヘッドマッサージの方法ですが、まずは側頭部に指をあてます。左右両方から頭を掴むような形になったり、その状態のまま頭皮を動かしていきます。
上下左右様々な方向に頭皮を動かしたときに、動きが悪い方や痛みを伴う方は頭皮の血行が悪くなっている証拠ですので、毎日続けるようにしてください。
これを行うことで、頭皮が柔らかくなり血行促進される他、毛穴の汚れが押し出されますので、今まで通りにシャンプーをしても汚れが落ちやすくなります。
ですので、適切なタイミングとしてはシャンプーをする前や、シャンプー中にマッサージすると効果的でしょう。
またシャンプーをする前に、しっかりとお湯で濡らしておくと、毛穴に詰まった皮脂が柔らかくなる為、その状態でヘッドマッサージをすると、より毛穴の汚れが出てきやすくなりますので、まずはしっかりと髪の毛を濡らしてから行うようにしてください。
また頭部を掴み頭皮を動かす動作は後頭部や額の生え際などにも行うようにすると、頭皮全体の薄毛の改善や予防ができるようになります。
ちなみに、シャンプー前にしっかりと髪の毛を濡らして、その状態でマッサージをすれば、頭皮の汚れの約70%は落ちるとされていますので、その為、髪の毛を濡らすというよりもお湯で頭皮を洗浄するというイメージを持つと良いでしょう。

ツボ押しが血行促進に効果的!百会!天柱!

ヘッドマッサージをすることは血行促進を促したり、毛穴に詰まった汚れを取り除く効果がありますが、それだけではなく、頭皮にある薄毛や抜け毛の改善に効果的なツボを刺激することもできます。
ただ、ツボに関しては、ヘッドマッサージとは別に行うとより薄毛や抜け毛の改善に効果的ですので、ヘッドマッサージに加えてツボ押しも行うようにしてください。

では具体的にはどのツボを押せばよいのかお伝えしていきます。まずは「百会」と呼ばれるツボですが、この「百会」は頭のてっぺんにあるツボで、左右の耳を結んだラインと、眉間の中央から頭頂部に向かうラインがクロスしたポイントにあります。
ツボ押す際には、5秒程度の時間で痛気持ちいい程度の力を加えて押して、5秒経ったら力を緩めるといった方法で10回程度押せば良いでしょう。

次に「天柱」と呼ばれるツボですが、この「天柱」は首筋に位置しているツボになります。
頭皮なのに首筋のツボが意味あるのかと疑問に思われるかもしれませんが、頭皮へ必要な栄養素は心臓から首を通って頭皮へと届けられますので、首筋のツボ押しは非常に効果的になります。
「天柱」の場所ですが、首の後ろのうなじと呼ばれる場所に位置していて、首の後ろの髪の毛の生え際にあります。具体的には首の太い2本の筋がありますので、その外側にあるくぼんだ部分が「天柱」になります。
このツボも「百会」と同様に5秒程度の時間をかけて、痛気持ちいい程度の力加減で押していきます。5秒経過したら力を緩めるといった流れを10回程度繰り返せばツボ押しの完了です。
頭皮マッサージに加えて、このツボ押しも同時に行う事で、薄毛や抜け毛の予防はもちろん改善にもつながりますので、毎日根気よく続けるようにしてください。