薄毛のAGAの悩みを抱えている人は少なくありません。治療法はプロペシアなどの薬を使う方法が知られていますが、低出力レーザーを使って治療することで薄毛の悩みを解消することが期待できます。
低出力レーザーでの治療はアメリカFDA米国食品医薬局を始め世界8ヶ国以上で育毛効果が承認されている治療法で、世界的に権威のある学会に於いても低出力レーザーでAGAの薄毛への育毛効果が言及されています。
低出力レーザーはもともとは組織の再生や活性化などを図ることが期待できる方法で、自己治癒力を高めたり活性化させる治療効果が期待できます。
低出力レーザーで得られる効果は、血管拡張、血管循環の改善、細胞の活性化などがあり、毛穴に低出力のレーザーを照射することで毛母細胞の炎症を治癒して再生させる効果が期待できます。
血管拡張で血流を良くして毛母細胞に必要に栄養素を増加させることでAGAの原因となるDHTなどの有害老廃物を除去する効果から発毛を促進することができます。

低出力レーザーでの薄毛の治療はアメリカの厚生省ともいえるFDAで認可された男性のAGAでの薄毛だけではなく、女性の薄毛治療法で、レーザーでの治療は、1960年代頃にハンガリーの医師により実験用マウスにレーザー照射したことで毛が生えたことからレーザー療法と発毛の関係が考えられるようになりました。
低出力レーザー治療の発毛や育毛効果については、休止期の毛包を成長期に誘導することができる、成長期の毛包の毛母細胞の増殖率を高めることができるなどによりレーザー照射により発毛することが期待できます。
この治療の副作用は深刻な副作用は起こっておらず、発毛だけではなくレーザーは医療現場では使われており、医療現場であってもレーザー照射による副作用は殆ど報告されていません。
低出力レーザー治療は発毛効果が期待できAGAの治療で内服薬などの薬と併用することでさらに効果が期待できますが、長期間の有効性や安全性を確かめるためにはさらなる研究は必要になるものです。

自宅で使える低出力レーザー育毛器がある

薄毛のAGAの治療は薬での治療の他に費用が高額になりますがHARG療法や自毛植毛などがありますが、薬も継続して服用する必要があったり、費用が高額で治療することが出来ない場合もあります。
薄毛治療はAGAクリニックで治療することが良い選択ですが、レーザーでの治療については導入しているクリニックはまだ少ない可能性があります。
低出力レーザー育毛器は販売しているため、購入することで自宅で使うことができます。低出力レーザー器を使って薄毛を改善することは薬のような副作用もなく育毛効果も期待できるので検討したい方法のひとつです。
アメリカのFDAによって認可されている低出力レーザー器は、コラーゲンの新生の促進、血管拡張による血行促進、細胞分裂の活性化、鎮痛作用などがあり薄毛だけではなく様々な疾患に利用されていて、研究の歴史も長く臨床実験や論文で効果は実証されているものです。
使っているのは650nmの波長でこの波長はFDAによって育毛効果が認められており育毛や発毛効果に信頼がおける技術ともいえます。

薄毛を改善するための費用を考えた場合、クリニックで数万円かかるなら自宅でできる低出力レーザー器を購入することで気軽に薄毛対策も可能になります。レーザーを使った育毛器は高いもので10万円程度です。
費用がかかる印象はありますが、育毛剤も1ヶ月で5000円~1万円程度はかかり継続して使うことで効果を得ることができるため、1年間育毛剤を使うことで6万円~12万円にもなることが考えられます。
低出力のレーザー器を1台購入することで数年は使い続けることができます。またFDAによりプロペシアなど発毛が期待できる薬に続いて低出力レーザー器は承認されているため信頼のおける技術でもあるのです。