外出すると、必ず浴びることになるのが日光です。晴れの日はもちろん、曇りの日も雨の日も外が明るい間はかならず日光が降り注いでいます。そんな日光には紫外線が含まれていることは周知の事実です。
特に夏場になると肌が焼けないように日焼け止めを塗ったりしてUVケアをするものですが、最も紫外線を浴びる場所といえばどこかといえば頭部ですよね。
このことも大人であれば誰しもが知っている事ですが、頭皮のUVケアに関してはほとんどの人があまり考えていないのではないでしょうか。
しかし、肌でさえも紫外線によるダメージを受けるとコラーゲンの分泌が悪くなったりと悪影響を受けるわけですから、最も紫外線を浴びる頭皮がダメージを受けないわけがありません。
頭皮に対しても何らかの対策はとっておかないと悪影響によってトラブルを引き起こします。
最近薄毛になっていることや、毛髪が抜けるなど髪の毛のトラブルで悩んでいる人はもしかしたら紫外線が原因になっているのかもしれないのです。

まずは紫外線が毛髪に与える影響についてみていくことにしましょう。髪の毛を構成している成分はほとんどがタンパク質で、そんな成分の中にアミノ酸システインという成分があるのですが、紫外線はこのアミノ酸システインを分解する力があります。
髪の毛を構成する成分を分解する力が紫外線にはあるわけですから、紫外線によって髪の毛が抜けやすくなったり切れやすくなったりするのはある意味当然だともいえます。
ですから紫外線対策をせずに放置することは薄毛になる原因を作っているようなものなのです。
毛髪へのダメージも大きいですが、それよりももっと深刻なダメージを受けるのが頭皮です。肌は紫外線を浴びると光老化という現象を起こします。
光老化とは紫外線が肌の奥まで入り込むことによってコラーゲンが奪われるなど肌の組織が破壊され、実年齢に関係なく老化していく現象ですが、この光老化がもっとも進行するのが頭皮なのです。

紫外線対策を毛髪と頭皮にしよう!

ですから、頭皮への紫外線対策は夏場だけではなく一年中行っておくのが理想です。対策をとって毛髪や頭皮を紫外線から守るようにしましょう。
外出時に頭皮と毛髪を守るために最も簡単な対策としては帽子と日傘があります。帽子と一口にいっても色々な形がありますが、紫外線対策を考えるのであれば、つばの広いタイプがおすすめです。
つばの広いタイプの帽子をかぶることによって頭だけではなく顔も守ることが出来ます。さらにUV防止効果がある帽子だとより大きな効果が期待できます。
女性でロングヘアの人は、紫外線に髪の毛が当たらないようにまとめて帽子の中に入れるようにしておきましょう。日差しが強い日だと帽子だけでは防ぎきれないので日傘をプラスしてさらなる対策をしておいた方が良いでしょう。

毛髪に直接対策出来る商品も最近では発売されていて、UV効果のあるヘアケア用品がその一つです。特に洗い流さなくてよいトリートメントタイプのものがすぐに使えてとても便利です。
こういった商品はたいていスプレータイプになっていて、気になったらサッとスプレーすることでその場で紫外線対策をとることが出来てとても便利です。
特に紫外線が強い夏場の場合はカバンの中に入れて持ち歩き、定期的にスプレーするようにしておくとよいでしょう。髪もつやつやになるので一石二鳥です。

肌には日差しが強い場合日焼け止めを使いますが、実はこの日焼け止め、頭皮にも使うことが出来るのです。頭皮は髪の毛が生えているものの、肌と同じですから肌に塗れる日焼け止めを塗る分には何の問題はありません。
しかし、一つ注意点があって、日焼け止めが落とされないまま残っているのも薄毛の原因になります。使用後のシャンプーは特に念入りにおこないましょう。