AGAの治療薬として有名なプロペシア、その主成分として使われているのがフィナステリドです。
とはいえ、フィナステリドは元々は前立腺肥大症の改善に使われていた治療薬。投薬されていた患者の髪の毛が増えていることに気づき、研究の末に男性型脱毛症の薬としても使われるようになったのです。
AGAの原因ともなるDHT・ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼを阻害する働きを持っており、髪の毛の成長を助けてくれるのです。フィナステリドは内服薬・外用薬とありますが、どちらも育毛剤として大きな力を発揮してくれます。

効果が高い一方で副作用の危険性はきわめて低いと言われるフィナステリド。とはいえ、副作用ゼロというわけではなく、性欲の減退や勃起機能障害・肝機能障害などを起こすこともあります。
勃起機能障害・EDは精神的不安から起こることもあり、フィナステリドを服用することでEDの副作用がおこるのではないかと考えるだけで心因性EDにならないとも限りません。
元々、前立腺肥大症のための薬だったことからホルモンを意図的に調整する働きがあり、そのためホルモン関係の副作用が起こりやすいのです。うつや精子の減少といった症状が起こる場合もあります。
いずれも発症率は2パーセント以下と低いものの、何らかの症状を感じたら早めに医師に相談した方がよいでしょう。薄毛の治療も大切ですが、生殖器の働きが阻害されるのも問題です。
フィナステリドなど育毛剤は効果が発揮されて髪の毛が成長するまでにそれまでの期間がかかります。即効性を求めて大量に使用するのもやめておきましょう。
いっぱい使ったからといって早く薄毛が改善されるわけではありませんし、逆に副作用の可能性が高くなってしまいます。1日に1mgを上限に、すくなくとも6ヶ月以上は継続して服用を続けるようにしてください。
血液中にフィナステリドがある状態をキープし続けるようにするのです。

男児への使用は性器の未発達や異常の原因に

毎日継続して使うことが大切だからとついつい洗面所やお風呂場などにフィナステリドを出しっぱなしにしていませんか。プロペシアの説明書には「妊婦・子供の服用禁止」というだけでなく、錠剤に触れることさえ禁止されています。
小さな子供ならともかく大人が不用意に飲んでしまうことはあまりないでしょうが、置かれてあるものを掃除の途中に手にしたりということはありえます。それすら危険なのです。皮膚から薬の成分が吸収されることで大きな副作用の危険性があるのです。
妊婦の場合、胎児に影響を与えてしまうかもしれません。プロペシアを服用している人との妊娠中の行為は問題ないようですが、心配なら避けた方がよいでしょう。
服用を中止すれば1ヶ月ほどで精子への影響がなくなると言われているので子供の健康を重視した方がよいかもしれません。

そんな劇薬ですから、男の子が触れた場合に生殖器に影響を及ぼし、性器が未発達になったり異常が起こる原因になりうるのです。パパが毎日のように手にしている薬ですから子供も危険性を知らず触ってしまうことはありえます。
男の子なら同じように服用したり頭皮につけたりもありえない話ではありません。絶対に触らないようにと言って聞かせるだけでなく、できれば子供の手に届かないところにしまっておくようにしてください。
毎回そこから取り出してきて使うのは面倒かもしれませんが、大切な家族を守るために必要なことです。
妊婦や子供にそれだけ大きな影響を与えるフィナステリド。男性の副作用の確率は低いとはいえ心配であれば他の育毛剤から試してみてはいかがでしょうか。自然由来で副作用が少なく、それでいて効果が高い・お値段も安いという商品は他にもあります。