男性の多くは老齢になると髪の毛が薄くなりますが、そのような症状が若いうちから発症する場合にはAGAと呼ばれます。AGAはAndrogenetic
Alopeciaの略で日本語では男性型脱毛症とも訳されます。髪の毛が薄くなる理由はさまざまですが、その理由のひとつとして男性ホルモンの影響があると判明しています。

このAGAに対して効果のある医薬品がプロペシアです。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症や前立腺癌を抑制する効果があるものとして販売されていたものです。
フィナステリドの前立腺肥大症や前立腺癌の治療医薬品としては、Proscarなどの名称で販売されていますが、日本では、前立腺治療薬としては未承認で使われていません。
一方で、このフィナステリドは使用をしている段階で増毛作用が認められるようになります。いわゆる副作用として現れるものですが、これらを研究し薄毛治療専用薬として発売されたのがプロペシアです。

フィナステリドがAGA、つまり薄毛に効果があるという理由としては男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するというものです。
DHTは男性ホルモンのテストステロンが2型5ーα還元酵素によって生み出されますが、フィナステリドの働きとして、この還元酵素の働きを阻害し、その結果、DHTの生成を減らすことができます。このため男性ホルモンに影響を及ぼす薬になります。

プロペシアではフィナステリドは、0.2mgまたは1mgを1日1回服用するもので1日1mgが上限となっています。フィナステリドそのものに増毛の効果はありませんが、薄毛の原因を取り除くことができるため、多くの場合に増毛の効果があったという結果が出ています。なお、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、日本では2015年に特許が切れており、ジェネリック医薬品が販売されており、薬価も下がったためAGA治療でのスタンダードな治療薬として使われています

ジェネリック医薬品のメリット、デメリットについて

フィナステリドは日本国内ではすでに特許切れとなっているのでプロペシア以外のジェネリック医薬品が国内製薬メーカーから多く販売されています。代表的なものとしてはフィンペシア、エフペシアが知られます。
しかし、注意しなければならないのがジェネリック医薬品はまったくの成分をコピーしたものではなく、それぞれの製薬メーカーが独自の成分を混ぜているということがあります。
もちろん主成分にはフィナステリドが使われ同じ効能を目指していますが、厳密にプロペシアとまったく同じとはいえません。このため後発のジェネリック医薬品では同じ成分が含まれ薬価も安くても、その結果が安心安全に使えるのかというと疑問符が付きます。
例えばフィンペシアの場合には、薬のコーティング剤に発がん性物質のキノリンが含まれていると言われていますし、エフペシアは問題らしい問題はありませんがプロペシアも同様ですが副作用の出る可能性があります。
実際のところ、有効成分のフィナステリド以外の成分で重大な副作用が出るケースは稀ですが、それでも医師がそのことをしっかりと理解しているかどうかがポイントになります。

ジェネリック医薬品のメリットとしては、やはり薬価が安いことです。フィナステリドで効果を得るためには継続的に服用することが重要ですからランニングコストは安い方が続けやすいメリットがあります。
このため個人輸入で購入する人も多くいますが、個人輸入は価格が安いメリットがあるものの医師の経過観察を受けずに服用し続けるためリスクがあります。
特に個人輸入の医薬品では偽物が出回っており、安心安全という面から言えばその真贋を確かめる手段を持っている必要があります。