フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)に効果がある成分として知られています。フィナステリドはもともとは、前立腺に関する治療薬として開発されたものですが、その使用の中で増毛効果が認められたためAGA治療薬としても使われるようになっています。
フィナステリドの働きとしては、5α-還元酵素阻害薬と呼ばれるように身体の中に存在する5α-還元酵素の働きを抑えるというものです。
男性型脱毛症の特徴としては額の生え際や頭頂部から発生するというもので、側頭部や後頭部は毛が残るというものです。女性にはこのような症状は現れにくいものとして知られており男性独特の脱毛症といえます。
この原因として考えられているのが男性ホルモンによる影響です。男性ホルモンとしてはテストステロンが有名であり、また体内に多く存在していますが、テストステロンは5α-還元酵素によってジヒドロテストステロンに変換されます。
このジヒドロテストステロンの働きが毛のサイクルを早めると考えられ、その結果薄毛から脱毛へと進行すると考えれています。
もちろんすべての薄毛やがジヒドロテストステロンによる影響ではありませんが、フィナステリドによって5α-還元酵素の働きを阻害することによってジヒドロテストステロンの生成を抑えることができ、薄毛や脱毛の原因を取り除くことによってその症状を改善できることが証明されています。

一方でフィナステリドは成分の名前であり、AGA治療薬としてはプロペシアという名称で販売されています。またフィナステリドを使った薬はプロペシアだけでなくプロペシアのジェネリック医薬品なども販売されており、日本では2015年にはフィナステリドの特許を有しているファイザーが製造承認許可を出しているため、国内の製薬会社でもジェネリック医薬品が販売されクリニックでも処方されています。また処方箋なしで購入できる個人輸入も盛んに行われており、手軽に通販で入手することができます。

医薬品を海外から個人輸入する時の注意点

フィナステリドを購入する方法としては個人輸入がもっとも手軽な方法です。特に日本人相手にインターネット通販を行っている海外の業者もあって、今では外国語が出来なくても購入が可能です。一方でフィナステリドに限らず医薬品を海外から個人輸入するさいには、リスクも伴いさまざまな事柄に注意する必要があります。
日本では薬の流通は世界的に見れば整っている方ですが、世界的に見れば薬の流通が整っている国は少数です。特に医薬品を個人向けに輸出する国や地域では、規制が緩やかなことを逆手にとって行っているため、薬の流通が整っていないところが中心です。
また医薬品の仕入先としては現地の製薬会社で生産されたジェネリック医薬品が中心ですので、偽物が混ざっている可能性があります。
特に調査ではバイアグラは半数は偽物と言われており、フィナステリドを主成分とする医薬品もかなりの偽物が流通していると考えられます。このため信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。

医薬品を海外から個人輸入する際の注意すべきポイントは、成分調査を行っているかどうかです。海外ではさまざまな場所で医薬品が作られていますが、パッケージだけを模した偽物や、まったく違う薬を入れているといったケースがあります。
このため必ず成分調査を行っている業者を選ぶことがポイントです。また成分調査も信頼できる機関で行っているところであることが重要です。
一方で日本の薬事法にも精通している通販サイトである必要があります。薬事法では個人で輸入し個人が消費するものであっても、数量が多いと届け出をする必要があるものやそもそも輸入が禁止されているものがあります。
そのようなことを理解している医薬品の個人輸入通販サイトを選ぶことが重要です。