フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の治療に使われます。男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素によってできたジヒドロテストシテロン(DHT)が、皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂と結びつき、毛穴を塞いで、AGAを誘発します。
フィナステリドは、この5α還元酵素の作用を抑えてDHTができないようにすることで、AGAの進行を防ぎます。
実際にフィナステリドを使用すると、早い人は3カ月くらいで効果が出始め、発毛効果があった人は、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%でした。AGAの進行を抑えるだけでしたら、3年で98%の人に効果がありました。
フィナステリドの効き方から考えると、脱毛予防効果だけですが、成長期の毛髪がDHTを抑えることで、休止期にならず、休止期にあった毛髪が、成長せずに抜け落ちると言う事がなくなったからと考えられています。毛髪の質も太く、長くなってきます。
ただ、一度フィナステリドの使用をはじめると、一生使い続けないとAGAが再度進行をします。

フィナステリドは1日1回0.2mgから1mg服用します。1日のうち何時服用してもいいのですが、決まった時間に服用をします。服用できるのは成人男子に限られています。女性と未成年者は服用することができません。
女性に対して行われた臨床試験では効果がないことが確認されています。アメリカ食品医薬品局(EAD)が認めたAGA治療薬は、男性の場合このフィナステリドとデュタステリドとミノキシジルのみです。
女性の場合は、男性とホルモンバランスが違っていますので、使用をしても効果がないのです。
副作用についてですが、男性の場合、胃に不快感が出たり、性欲減退があると報告されていますが、二重盲検と同じ程度であったと言われています。
飲んではいけない人は、妊娠している可能性がある女性、妊娠中の女性と授乳中の女性とこの薬で過敏症が出た人です。またフィナステリド服用中献血をしてもいけません。献血をするには最低1カ月の休薬期間が必要です。

フィナステリドに触ることさえ女性は禁止です!

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンがDHTになるのを阻害することでAGAが進行することを防ぐ治療薬です。
ホルモンバランスに影響をあたえる治療薬ですので、妊娠中の女性の体に、フィナステリドが入ると、妊娠している赤ちゃんが男児の場合その生殖機能に異常が起きると言われています。
服用する事は、もちろん禁忌ですが、割れた錠剤に触って皮膚からフィナステリドが吸収されても、お腹の赤ちゃんが男児の場合はその生殖機能に異常が起きる可能性があります。
その副作用を考えると、フィナステリドを使用中のお父さんが、奥さんの妊娠中は、フィナステリドの使用を中止して、奥さんがフィナステリドに誤って触れて皮膚から吸収されると言うようなことがないように、家の中に持ち込まないという注意をします。
もちろん、授乳中の女性のフィナステリド服用はもちろん禁忌ですが、皮膚からの吸収も、母乳を通して赤ちゃんの体に入りますので、注意が必要です。

女性の薄毛治療には、一部ミノキシジルで効果が出る人がいます。それで効果が出ない人の場合は、薄毛治療のガイドラインにそってもっとも効果のある治療方法はありません。
しかしながら女性の薄毛が更年期障害によるものでしたら女性ホルモンを補えば薄毛の進行は止まります。まず、何が原因で薄毛になっているかを考えてみましょう。
髪の毛に栄養を与えて、薄毛を治療する方法もありますが、今まだ、市販されているのは栄養補助食品にすぎません。サプリメントで栄養補助を考えて過剰摂取にならないように注意する事も大切です。
女性の場合の薄毛治療は、男性ほど深刻ものではありません。原因も分かりにくいものですから、生活習慣を見直して、気長く治療をしてゆくことをお勧めします。